民泊 稼働中!愛知県、やるじゃん!

2018.10.18

民泊の稼働を開始して、約1ヶ月経過いたしました。

 

6月15日から始まった住宅宿泊事業法について、観光庁から発表がありました。

住宅宿泊事業の宿泊実績について

 

ちょっとまとめると

◆7月末時点で、5,510件の届出、宿泊日数の合計が68,711日。

◆届け出住宅あたりの宿泊日数、北海道が17.2日で最も多く、次いで愛知県(16.4日)、東京都(15.4日)であった。

◆届出住宅あたりの宿泊者数を都道府県別にみると、北海道が26.5人で最も多く、次いで愛知県(23.6人)、熊本県(20.4人)であった。

◆都道府県別では、北海道が27,042人で最も多く、次いで東京都(25,669人)、愛知県(4,456人)であった。

◆日本国内に住所を有する者が13,840人(16.6%)、日本国内に住所を有さない外国人が69,394人(83.4%)であった。

 

え。愛知県、すごくね?

行きたくない街ランキングダントツ最下位なのに???

民泊だと外国人比率83.4%ということが影響しているんでしょうかね。

 

 

さて、なごやど~尾張・四間道~も順次予約が入ってきています。

(今月末から民泊宿泊がスタートです。)

 

Airbnbにリスティングを登録し、予約も11月・12月にしっかり入ってきています。

 

 

当初はAirbnbに予約は偏ると思っていましたが、思いの外このサイトからの予約も来る!

びっくりしています。

 

なごやど~尾張・四間道~は予約取得のシステムをお客様から空室状況が見やすいように「AirReserve」という予約システムを利用しています。

 

で、数件予約を受け付けてお客様とのやり取りをした結果、

 

「つかいづれえ!(怒)」

 

ちょっと「民泊」にはあまり向かないシステムなんだろうなぁーと思ってます。

 

違うシステム、検討しなくちゃ。

おそらくこういった事を繰り返してすこしづつサービスが洗練されていくんでしょうが、

今は本当に試行錯誤しまくってます。

 

本業はマンスリーマンションなので、1ヶ月以上滞在されるお客様がほとんどですが、こうやって旅行の1泊からのお客様のオペレーションを行っていると売り方は本当に違うことを実感します。

お客様の求めるポイントも問合せの強度や返答のスピード感。それと単価。

いろいろな事を勉強させてもらっています。

 

 

 

私たちはマンスリーマンションの売り方を知っています。

今まで知らなかった一泊からの売り方も勉強中です。

 

「民泊管理業者」「民泊事業者」としてすごいアドバンテージがあるんではないか。

とちょっと自惚れている今日このごろです。


Warning: Use of undefined constant set_post_thumbnail_size - assumed 'set_post_thumbnail_size' (this will throw an Error in a future version of PHP) in /home/melive/www/melive/st/wp-content/themes/melive/single.php on line 137
KURAMITSU KIYOSHI

この記事を書いた人

KURAMITSU KIYOSHI

代表取締役

  • twitter

pagetop pagetop pagetop